美味しく食べて身体の中からも美白ケア

太陽からの日差しや反射により紫外線を浴びすぎることは、シミやソバカスといった肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。
そこで、紫外線予防に役立つ食材を紹介したいと思います。
◆トマト
リコピンが肌の調子を整え、美白へと近づけてくれます。
そのまま食べても美味しいですが加熱すると更にリコピンの吸収力がアップするそうですよ。
◆味噌
リノール酸がメラニンの増殖を抑えてくれます。
夏場には大葉やみょうがが入った冷汁などがオススメです。
◆鮭
秋が最も美味しい鮭です。
鮭に多く含まれているアスタキサンチンには、デトックス効果があり、シミの予防効果にも期待が持てます。
焼いたり、フライにしたり、マリネにしたりして美味しく美白を目指しましょう。
◆ブロッコリー
たっぷりとビタミンCが含まれている他、スルフォラファンという成分が、体内でメラニンを作る酵素チロシナーゼの動きを抑えてくれます。
特にブロッコリーの新芽部分がオススメです。
日焼け止めや腕カバーなど外からの紫外線対策だけでなく、体の中からもしっかりケアしていきたいですね。

女性がなりやすい膣カンジタについて知っておきたい事

女性の性器によく現れる症状に膣カンジタがあります。カビが性器に繁殖することによって引き起こされる症状です。
性行為だけでなく、もともと腸などにいる菌が、膣内に紛れ込んだ場合などでも発症してしまいます。
膣や外陰部のかゆみや、白い酒粕のようなおりもの、排尿の時の痛み、膣がひりひりするなどといった症状に心当たりがあれば、一度産婦人科を受診されることをオススメします。
性器の臭いが気になるからと石鹸などでゴシゴシ洗うのは厳禁です。
患部を洗う際はお湯だけか、ベビー用など刺激の少ない石鹸を選ぶようにしましょう。
カンジタが悪化すると痛みがひどくなり、排尿障害などを引き起こすこともあります。
治療には錠剤やクリーム、軟膏などが使われ、それによって1~2週間で治ります。
カンジタ菌が口の中に繁殖すると鵞口瘡と呼ばれる病気になります。
生命を脅かすような病気ではないですが、風通しのよい清潔な下着をつけて、カビが体内に繁殖しにくい環境作りを心がけましょう。

紫外線からなんて逃れられない、だけど私は美白になりたい

もう10代のように無防備に肌をさらけ出せないです。
だって、シミやしわが怖いですからね。
いくつになったって女は女であるために美しさにはこだわりがあるんです。
もちろん見た目だけじゃなく、体の健康や内面んの美しさも大切です、
でも、やっぱり外見のことを放っておくことはできなです。
なので、日頃からの肌のケアは大事にしています。
特に私の場合、すぐに日焼けをして黒くなってしまうので日焼け止めは欠かせませんね。
特に紫外線量が多い春も気を付けなくちゃだめですね。
それに、冬も顔は露出してるわけですからしっかり紫外線対策はしています。
なので、昔よりかは肌が白くなってきました。
次は毛穴の対策に取り組むつもりです。
ニキビ跡もあるし、夏場になると毛穴が開いちゃうのでそれを何とかしたいですね。
専門的なところに行ってレーザーなどしたら早いのかもしれないですが、費用の関係上なかなかいけないので自力で頑張ってみようと思います。
まずは、ビタミンC誘導体とか入った化粧品から試してみたいなと思っています。

古代インカの贈り物、スーパーフード「キヌア」

最近話題のスーパーフードの中でも、ダイエットに効果的だと注目を集めているのが「キヌア」。聞き慣れない人もいるかもしれませんが、キヌアは南米のボリビア、ペルーなどアンデス地域を発祥とするもので、3,000年以上前から栽培されていました。
見た目はお米に少し似ていますが、穀物ではなく、ほうれん草の近縁と言われています。必須アミノ酸を全て含み、機能性も豊富なことから、完全栄養食と呼ばれることもあります。
キヌアの特徴としてまず挙げられるのが、その栄養価の高さ。精白米と比べて、たんぱく質は約2倍、脂質は約5倍も含まれており、脂質は不飽和脂肪酸の1つであるオレイン酸の割合が高いことから、健康にとても良いと言えます。さらにカルシウムは約6倍、食物繊維はなんと10倍も含まれています。
この他にも、フィトエストロゲンという女性ホルモンに似た性質を持つ成分や、糖質や脂質の代謝に欠かせないナイアシン、血中の脂質を低下するサポニン、マグネシウム、リン、ビタミンB1、B2、ビタミンEなど、多くの成分を含んでいます。
キヌアは低カロリーなだけでなく、摂取しても血糖値が急に上昇することがない食物なため、ダイエットに効果的です。
豊富なビタミンやミネラルが新陳代謝を活発にし、食物繊維が腸内環境を整てくれます。
ご飯に混ぜて炊いたり、茹でたものを野菜と和えてサラダにするなど、活用法は様々です。ダイエット中の主食としても、普段不足している栄養素を補うためにも、これからキヌアが大活躍してくれそうです。

雨の日は関節が痛む・・・そんな気圧の変化が体調に及ぼす影響について

低気圧は、天気が悪いだけでなく、健康にもその影響を及ぼしてしまうということを知っていますか?
自律神経のバランスが気圧の変化により悪くなることが要因になっているようです。
雨が降る日はリウマチや、昔骨折した部分が痛むという人の話も、よくちまたで耳にしますが、これも気圧の変化に関係しているとされています。
他には、頭痛や肩こり、じんましん、歯痛などといった症状の中にも気圧の変化が原因となり引き起こされるものであることがあるそうですよ。
男性よりも女性の方が繊細に作られているからか、こうした天候による影響を強く受けやすいと言われています。
気圧の変化で体調不良に悩むような日は、美味しい物を食べたり、好きなミュージックに心を預けて心をリラックスさせるようにしてあげましょう。
また、天気が原因で起きる体調不良に負けない為にも、常日頃から規則正しい生活、バランスのよい食事、充分な睡眠を確保するように心がけていきたいものですね。

むくみすっきり・ツヤツヤ肌に!スイカの驚くべき効能

夏のフルーツといえばスイカ。夏バテで何も食べたくないときでも、あのみずみずしい食感と爽やかな甘みで、どれだけでも食べられちゃう気がしませんか?
そんなスイカ、実は美容にとっても良い効果がいっぱいなんです。
スイカはカロテンが豊富で、体内でビタミンAに変わるβ‐カロテンの含有量は緑黄色野菜にも並ぶほど。
ビタミンAは皮膚・粘膜の健康を保ち、新陳代謝を高めてくれます。病気への抵抗力や体の免疫機能の強化し、視力低下を防ぐ働きもあります。
強い抗酸化作用を持つリコピンは、実はトマトよりスイカのほうが多く含まれていると言われています。抗酸化作用で活性酸素から細胞を守り、美肌へと導いてくれるのです。。
また、スイカには血流を良くするシトルリンというアミノ酸が含まれており、これが血行不良による手足のむくみを解消してくれます。
そして水分豊富なスイカは、100gで30~40kcalと、実は意外と低カロリー。
うまく日常に取り入れて、美容とダイエットに役立てたいところです。

ほろ苦くて甘酸っぱい、オトナ女子にぴったりの天国のフルーツって?

ほろ苦くも甘酸っぱい、ジューシーな味と香りが人気のグレープフルーツ。
その豊かな香りが天国を連想させることから、「天国のかんきつ」という意味のCitrus Paradisi(キトラス・パラディシ)という学名を持っています。
グレープフルーツに含まれる「ヌートカン」と「リモネン」という2つの香り成分は、血行を促進して代謝を上げ、脂肪を燃焼しやすい体にしてくれます。
「ヌートカン」は交感神経の働きを活性化させる効果があります。交感神経が強く働くと、「UCP」というたんぱく質がたくさん生み出され、これが脂肪燃焼を促すのです。
交感神経が活性化すると、抹消の血行不良が起きやすくなるデメリットもありますが、もう1つの香り成分「リネモン」は、リラックスするときに作用する副交感神経を活性化させる効果と、血行を良くする効果があるため、この危険を相殺してくれます。
また、食べて得られる効果もダイエットにぴったり。グレープフルーツの酸味成分である「クエン酸」がさらに脂肪燃焼を助けてくれるほか、苦み成分の「ナリンギン」には食欲を抑制する効果があるため、ダイエット中の食前食や間食に最適です。ナリンギンには脂肪の分解を促進する作用やストレス解消効果もあります。ナリンギンは皮に多く含まれているので、皮はあまり取りすぎないで残しておいたほうが良さそう。クエン酸にはほかにも疲労回復や、糖の吸収を穏やかにする作用もあります。
さらに、食物繊維とカリウムが体内の余分な水分を排出してくれ、むくみ解消にも期待大。
豊富に含まれるビタミンCは、シミのもとになるメラニン色素の沈着を防いだり、肌の免疫力を高めてくれます。
果実がなかなか手に入らない、という人は、エッセンシャルオイルでその効能を取り入れるのも1つの手です。
心身のリラックスを促しストレスを解消してくれたり、オイルマッサージのときにグレープフルーツの精油をブレンドして使えば、脂肪燃焼、血行促進、脂性肌の改善など、素敵な効果ばかり。
ただし肌に成分が残っている状態で紫外線を浴びるとシミになってしまうため、使用するのは夜にしましょう。
正しく有効活用すれば素晴らしい効果をもたらしてくれる、まさに天国のフルーツ!味と香りを楽しみながら、理想のBodyを手に入れましょう。

ダイエット中の水分補給に!セレブに大人気の「飲む点滴」とは?

ハリウッドセレブも愛用していると話題になり、日本でも静かなブームになっているココナッツウォーター。ミネラルが豊富で、驚くほど吸収が速いことから「天然のスポーツドリンク」「飲む点滴」と言われ、アスリートにも人気です。
余分な糖分や脂肪分を含まず、むくみ予防に効果、まさにダイエット中の女性の強い味方!
ココナッツオイルよりも手軽に摂取でき、効果を実感するのも早いことから、普段の美容法に取り入れる女性も増えているようです。
ココナッツウォーターは、まだ完熟していない硬いココナッツの中にある透明な液体。ほのかな甘みがあり、すっきりとした味わいです。飲み慣れていない人は少しクセを感じるかもしれませんが、慣れてくればきっと「おいしい!」と思うはず。
海外では、ビーチなどで、実に穴を開けてストローを差し、そのまま飲ませてくれる屋台をよく見かけるほど、非常にポピュラーな飲み物です。
むくみを予防するカリウムに、骨や歯を強くするカルシウム、エネルギーの代謝を高めるマグネシウムなど、ミネラルの含有量は一般のスポーツドリンクよりも多いと言います。また、浸透圧が人間の体液とほぼ同じなため、体への吸収が速く、疲労回復にも大きな効果が期待できます
これでカロリーはスポーツドリンクの6分の1以下!デトックス効果が高く、低カロリー。ダイエットにはぴったりですね。
日本でも今はスーパーやコンビニで見かけるようになってきたココナッツウォーター。
この機会にぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか?

これはすごい!塗るだけ簡単コーヒースクラブ!

最近、とっても気に入っている美容方法があります。
それは、「コーヒースクラブ」です。
インスタグラマーがやっているのを度々目にし、私自身コーヒーが大好きで飲むのも身体に塗るのも至福・・・と思い、
YouTubeで作り方を調べて実践し始めたのがつい一週間前のこと。
作り方はとっても簡単で数分で出来ちゃいます。
用意するのはティースプーン、ボウル、コーヒー、塩もしくは砂糖(顆粒)、ココナッツオイル(溶けてオイル状になっているもの)もしくはオリーブオイル。
以上です。たったのこれだけ。
まず、細かく挽いたコーヒーをティースプーン一杯、ボウルに入れます。
同量の砂糖もしくは塩を入れ、よーく混ぜ合わせます。この時、コーヒーもしくは塩か砂糖に塊の無いようサラサラになるまで混ぜてください。
そして同量のオイル入れてまたダマにならないよう混ぜます。
これだけです。本当に簡単なんです。
さて、シャワータイム☆
シャワーの際に作ったコーヒースクラブをセルライトの気になる部分に円を描くように擦り付けます。
くるくるくる・・・
そして1分放置して、洗い流します。
頻度は週1~2だそうですが、二週間も行えばセルライトが消え始めるとのこと!
私は毛穴の黒ずみが気になっているので顔にもやりましたが、これは速攻効果が出て旦那様に「毛穴の黒ずみが一つもないね!なんで?」と言われてしまうほどでした。
簡単で効果アリ、皆さんもやってみてください!

酵素液をおいしく飲むためには

酵素液はダイエットに良いと言われていますが、味があまり良くなく、飲みにくいですね。そんな酵素液をおいしく飲むための方法をみなさんにお伝えします。

もともと、日本ではコメの主食でしたが、アメリカの影響もあって、肉が中心の食卓に変化していますね。また、加工食品などを食べる習慣もかなり増えているでしょう。そうすることによって、生活習慣病にかかる可能性というのが大変高くなっています。なぜかと言いますと、肉中心の食卓というのが日本人の体にはまっていないからです。しかし、今からその生活を改善しようとしても、なかなか改善できないと思います。であれば、肉を食べながら酵素を摂取することによって、私達日本人の体も健康の体になることもできます。

なぜ、酵素が必要なのかといますと、酵素には、私たちは食べたもの消化する機能を持っているのです。そうすることによって、非常に会社が良くなります。酵素がなくなると、代謝できなくなり、不健康な体になる可能性が高いのです。構想を簡単にを補う方法として、酵素ドリンクをのむということがあります。酵素は非常に簡単に飲むこともできますし、値段もそこまで高くありません。少し飲みにくいと言われていますが、牛乳などで割ってみると、意外とヨーグルトのような味がします。また、炭酸を使う人もいますので、自分なりにおいしい飲み方を見つけてみてはいかがでしょうか?